NPO法人設立

 

NPO法人とは

 

NPO(Non‐Profit Organization)法人は正確には特定非営利活動法人と言います。特定非営利活動促進法(NPO法)という法律によって定義されています。そしてこの法律にNPO法人を設立して主たる目的として行うことができる活動が定められています。NPO法人の活動できる種類は17種類あります。この活動のことを特定非営利活動といいます。

この17種類ですが、福祉の増進やまちづくりや子供も健全育成活動、環境保全活動、経済活動の活性化を図る活動などです。簡単に言うと、世の中の役に立つとか社会貢献になるといった活動をNPO法人が行える活動としています。

つまりNPO法人は、会社のように純粋な営利目的ではなく、世のため、社会のためになる活動をメインに行うことを目的とした法人ということができます。そして、会社組織のように資本金や登記手数料なしで設立できる点に最大の特徴があります。

 

NPO法人の必要性

 

NPO法人ができる前は、世のため人のためになる活動は、そもそもお金を稼ぐことが目的ではないので、ボランティア団体や自主的な団体、あるいは企業が社会貢献活動の一環として行ってきました。しかし世のため、人のためになる活動といえども事業を運営するためにはお金がかかります。いままではそのお金を寄付でまかなったり、自費で行ってきました。

しかし、それだけに頼っていてはなかなか厳しいものがあります。もっと充実した活動を行いたくても資金が無いため、寄付などがない限り、最低限の活動しか出来なかったというのが現実でした。やはり何かを行うためにはそのためのお金が必要であり、その活動を行うための資金は自分達で稼いでいけないと、継続して活動を行っていくのは難しいです。そこで、世のため人のためになる活動を行う継続して行うことを主な目的とするのであるが、その活動費用や運営費用、あるいはその活動を行った人に対して給料を自分たちで賄っていける法人が必要であろうということで、NPO法人という新しい法人ができました。

 

非営利と無償の違い

 

NPOは「売上をあげてはいけない」と思っていらっしゃる方もいると思うのですが、それは誤解です。NPO法人は特定非営利活動法人と言いますが、この「非営利」の意味は団体の利益を構成員に分配しないことをいいます。例えば株式会社は利益を株主に配当という形で分配しますが、このような構成員に対する利益の分配をしてはいけないということです。NPOに置き換えていえば、収益活動などで得た利益を社員や理事などに配当金のように分配せず、次の活動の資金にすることを意味します。よく間違えられる「売上をあげてはいけない」というのは、「無償」(お金をもらわないこと)と非営利を混同しているためだと思います。NPO法は、「非営利」と言っていますが、「無償」とは一言もいっていません。ですから、収益をあげてもよいし、その収益から活動を支えている人に給料をはらってもよいのです。働いた人にその分だけ給料を払うことは、構成員に分配することとは違います。

 

NPO法人のメリット

 

世のため人のためになる活動(特定非営利活動)を行なうための費用をまかなうために、収益事業を行なうことができる。ボランティア団体のように、自腹でやる必要がなくなる。

  • 法人名義で銀行口座を開設したり不動産登記をすることができる?
    例えばボランティア団体などの任意団体は、団体名義で口座を開設したり、不動産の登記をすることができず、代表者個人名義で行いますがNPO法人を設立すると、法人名義で登記したり口座を開設することができます。
  • 契約を法人名義で締結できる。
  • 会計書類の作成や、書類の閲覧など法に定められた法人運営や情報公開を行うので、組織の基盤がしっかりし、社会的信用も得られます。

 

当センターでは、ご依頼主様からヒアリングした情報をもとにNPO法人設立手続を代行いたします(一部依頼主様に取得をお願いする書類もございます)。介護事業の立ち上げを考えておられる方も適切な法人形態について、ご相談を承ります。。相談は無料!出張相談も承ります。ご連絡おまちしております。

 

NPO法人の相談無料!お気軽にお問合せください

 

(業務対応エリア) (兵庫)神戸市・芦屋市・西宮市・宝塚市・尼崎市・伊丹市・明石市・加古川市・川西市・三田市、他兵庫県の一部地域 (大阪)大阪市・豊中市・池田市・吹田市・茨木市・高槻市・摂津市・守口市・寝屋川市・枚方市・門真市・東大阪市・八尾市・堺市・大東市・四条畷市・交野市・松原市・他大阪府の一部地域