一般社団法人設立

 

<一般社団法人とは>

一般社団法人とは2名以上の人(社員)が集まって作る法人です。構成員は社員と呼ばれ、普通の人はもちろん、会社等の法人も社員になることが可能です。社団法人の目的は特に制限はありませんが、一般社団法人設立後、活動実績を積んでから公益認定を受けて公益社団法人を目指すのであれば公益目的とするのが望ましいでしょう。

一般社団法人は社員2名からで設立可能です。ただし理事を最低1名以上設置する必要があります。また、理事会を設置する場合は理事を3名以上とし、必ず監事を1名置く必要があります。社団法人は、人に法人格を与えるものなので、会社でいうところの資本金に該当するお金は不要です。

 

<一般社団法人の特徴>

  • 1,非営利法人(剰余金の分配を目的としない法人)ではあるが、事業目的に制限はない。(公益目的事業を主たる目的とする必要はない)
  • 2,設立は社員2名以上で可能。設立時の財産の規制はない。
  • 3,社員、社員総会、理事の設置が必要。
  • 4,登記だけで設立可能
  • 5,今までの社団法人のように、公益性を担保するものではない

一般社団法人は、法務局への手続きだけで設立でき、事業の内容も公益性は特に問われないので、事業を行う母体で、会社やNPO法人の法人格を使わない場合等で広く活用できるでしょう。

 

<一般社団法人の活用例>

一般社団法人は、非営利(意味・・構成員(社員)への利益の配当などができない)ではありますが、事業目的に制限はありませんので、以下のように様々な分野での団体として利用することができるでしょう。

一般社団法人の例

  • 同業者団体
  • 研究団体
  • 検定認定団体
  • 技術系団体
  • 福祉系団体
  • 学術団体
  • スポーツ団体
  • 伝統芸能、文化振興団体
  • 趣味団体
  • 地域振興団体
  • 地縁団体 など